メールで問い合わせ 今すぐ電話

寝違えとは?

寝違えについて

朝、目が覚めると突然「首や背中が痛く動かせない」という経験はありませんか?
そのような症状を寝違えといいます。多くの方が1度や2度経験しているのではないでしょうか?

私も経験があり、朝起きたら『あ、痛い!』と塗り薬や湿布に頼った覚えがあります。ひどい時は全く振り向けない状態でした。ではなぜこの寝違えは起こるのでしょうか?

そもそも寝違えとは?

寝違えは病名ではなく、寝起きに首、背中に痛みのある症状のことを通称「寝違え」といいます。
そして顔を右や左に振り向こうとすると痛みや振り向けないことが起きます。症状は軽ければ数時間から1日、ひどいケースですと1週間かかる場合もあります。

寝違えはなぜ起きるのか?

寝違えは、寝ている時の負担が首の周りの筋肉や関節に集中し、炎症を起こし痛みを引き起こすと考えられています。

このような状況になりやすいのが

1、慢性的な首肩こりがある方
2、ストレートネックの方

ストレートネックについてはこちらに詳しく載せていますストレートネック矯正

 

寝違えない為には・・・

まず首肩こりの症状を溜めないことです。
予防法としてはストレッチや定期的な運動をお勧めします。

そしてストレートネックやねこ背などの姿勢をかいぜんしておくことも重要になります。

*当院ではこのような治療を行います*

●痛みが強い時期

  • 痛みを軽減する為に首にアイシングを行います
  • 寝違えた患部に極力小さな力で指の圧をかけ負担を減らしていきます
  • テーピング等で患部のサポートをします

●痛みが弱くなった時期

もし今、痛くてどうしようもなければ

*仰向けに寝て首もとにアイスノンを置いて10分ほど横になってください。
*アイスノンをあてる際は必ずハンカチなどを敷いて寝るようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

寝違えでお困りでしたらいつでもご連絡ください!

六本木の整体なら姿勢治療院tetote 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-6884-5405

Tel03-6884-5405
タップして電話する

東京都港区六本木7丁目18-11-5F-A
               DMビル
地下鉄日比谷線六本木駅2番出口より徒歩1分

ページトップへ戻る