メールで問い合わせ 今すぐ電話

免疫力を高める5つの方法

免疫力を高める5つの方法

1、背骨の歪みを整えておく

背骨周りには全身へ指令を送る神経の束が椎間孔(背骨同士からなるトンネル)を通過しています。その神経の束は免疫力と密接な関係のある内臓の働きを調整しているため、背骨の歪みや筋肉の緊張で椎間孔が狭くならないように筋肉のマッサージや背骨の矯正をして神経の流れを良くしておく必要があります。
とくに猫背の方は要注意です。

『方法』
・背骨のマッサージや矯正の治療を受ける
・ヨガ
・ストレッチ

2、体温を上げる

個人差はありますが健康的な体温は36.5〜37℃といわれています。体温が1℃下がると免疫力は30%低くなり風邪やインフルエンザなどにかかる可能性が高まります。そこでとくに36.5℃以下の方は体温を高めておく必要があります。
体温の低い方の特徴は筋力の低下と言われています。とくに体の筋肉の7割が下半身にあるため効率的に体温を上げるには足腰の筋肉を動かすことをお勧めします。
また42℃〜43℃程度のやや熱めの入浴も効果的です。(*心臓病や高血圧の方はぬるめから)

『方法』
・スクワット
・早歩き
・階段の上り下り
・軽いジャンプ
・ジョギング
・やや熱めの入浴(42〜43℃)

3、栄養

免疫力を高める上で腸内環境を整えておくことは重要です。
バランスの良い食事を心がけ、ビタミンCや水分は多めに摂取しましょう。
油はアマニ油、エゴマ油、エクストラバージンオイルを使用していただくことをお勧めしています。
*小麦粉や砂糖は腸を荒らし炎症を助長するため極力控えめにしましょう。

4、高濃度ビタミンD状態

ビタミンDはカルシウムの働きに関わり骨の健康に関与する。
また免疫力を高める効果があるため食事や日光浴をあまり出来ない人は意識的にビタミンDを高める必要があります。

<方法>
・5〜30分程度の日光浴
・キノコ類、肉、卵の摂取
・サプリメント

5、睡眠の質を高める

睡眠は体内時計と大きく関わっており1日約25時間に設定されていると言われています。それが毎朝日の光を浴びることでリセットされ24時間の生活サイクルが繰り返されます。
そのため寝起きする時間が崩れると体内時計が狂い日中に眠気に襲われる原因にもなります。また6時間を切る睡眠では体の不調が出やすく免疫力を低下させてしまうことも言われています。

<方法>
・6時間程度の睡眠を心がける
・寝る部屋の照明は落とす
・就寝1時間前にはPC、スマホは控える(本はOK)
・食事は3時間前に済ます
・体にあった寝具を選ぶ
昼寝も取り入れる

6、よく笑う

笑うことの効果は医学的にも実証されています。『笑う門には福来たる』というくらい笑う顔・笑顔には相手の方にも良い印象を与えます。
また免疫力を高めたり脳の血流量を増やし思考力や記憶力にも良い影響を与えると言われています。

『方法』
・口角を上げる
・好きなお笑い番組や落語
・ジャンプ、縄跳びをする

 

六本木の整体なら姿勢治療院tetote 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-6884-5405

Tel03-6884-5405
タップして電話する

東京都港区六本木7丁目18-11-5F-A
               DMビル
地下鉄日比谷線六本木駅2番出口より徒歩1分

ページトップへ戻る